2006年08月25日

アトピー経過

今日は皮膚科の通院日でした。で、突然ですが、なぜか最近アトピーの調子がいいんです。何が原因かよくわからないところが難ですが、なにわともあれ、良くなるのはうれしいことです。
漢方を飲み始めて10ヶ月あまり。ステロイドやプロトピックといった塗り薬にもずっとお世話になっていたんですが、ここ2週間塗り薬いらずです。2〜3日塗って2〜3日空けるという塗り方をずっとしていて、調子が良いときは塗らない日数を長くしていたんですが、それでも最長は5日程度でした。なので、2週間は快挙です!
手や額はあんまり変わってないけど、一番ストレスになっていた背中や腰らへんが良くなってきたので、精神的にすごーく楽です。(^^) 

原因はよくわからないのですが、ひとつ思い当たることと言えば、3週間前の通院日から漢方の処方がガラッと変わったこと。ちょうどその時、おなかの調子がよくなかったので、そのことを伝えると、煎じ薬の生薬、粉薬とも変わったのです。(粉薬は真武湯というのになりました。)それが良かったのかな?

ちなみに、以前書いたビオチン(記事はこちら)。2ヶ月ほど飲みましたが、私には特別な効果はなかったです。(^^;)
posted by おその at 14:42| Comment(2) | TrackBack(0) | カラダからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

アトピーとビオチン

久しぶりにアトピーの記事を書きます。
だいぶ前に漢方を飲み始めてだいぶ症状が落ち着いてきた!と書いたのですが、今年に入ってからまた少し逆戻りし、煎じ薬の処方を少しずつ変えてはいただいているのですが、イマイチ改善せず足踏み状態です。

先日は、手の水疱がひどくなり、けっこう辛かったので、久しぶりにいろいろネットで検索してみました。手の水疱は、アトピーではなく、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の可能性もあるということです。
いろいろ記事を見ていると、掌蹠膿疱症については、秋田の病院に有名な先生がいるらしいです(サイトはたぶんこちら)。さすがに秋田までは行けないし・・・と思ってこの病院のサイトを見ていると、掌蹠膿疱症はビオチン不足を解消することによって、改善できるらしいです(ビオチンは、ビタミンB群に属するビタミン、ビタミンHなどと言われています)。

他にもいろいろビオチンのことを書いたサイトがあって、特にこまめさんという方のブログの記事が興味深かったので、ダメもとで試してみることにしました。あんまりこういう民間療法的なものには手出さないんですけど、秋田の病院の記事もあることだし、しかも、掌蹠膿疱症とアトピーは対処の仕方がほとんど同じということなので!

biotin.jpg普通の薬局にはビオチンは売っていなかったので、こまめさんの記事にもあるアメリカン・ビタミン・ショップで購入しました。
左がビオチンで、右が腸内でビオチンの生産を高めるというアシドフィルス菌を含む善玉菌です。さてさて、効果のほどはどうでしょうか・・・? 高いのでちゃんと効果出て欲しいな。

余談ですが、漢方を使ったアトピー治療で有名な京都の高雄病院のサイトを見ていると、絶食療法なんてのも載ってます。とにかく、胃腸の働きを整えることは、重要なようですね。
posted by おその at 11:27| Comment(5) | TrackBack(1) | カラダからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

カモミール

今日、病院に行った帰りにカモミールティーを買いました。
私が行っている薬局は漢方の煎じ薬を出してくれるところなので、漢方薬はもちろん、様々な種類の薬草茶も置いています。
今日行ったら新しくハーブティーのコーナーが作ってあり、見ているうちに欲しくなってきて、カモミールを買いました。

camomile.jpg

カモミールを選んだのは、疲れ気味だったから。先週からずっと11時くらいまで仕事をしていて、休みも1日は出勤している状態。来週いっぱいそれが続きそうなので、今日くらいはホッと一息つきたいなと思って、リラックス作用のあるカモミールにしたのです。

ハイビスカスやローズヒップにも疲労回復と書いてあったのですが、なんとなくリラックスというとカモミールって感じですよね。見た目もかわいいし♪

カモミールのことはこちらのサイトに詳しく載っています。
→ カモミール
posted by おその at 15:57| Comment(3) | TrackBack(0) | カラダからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

ステロイドの話

今日は年明け初めての通院でした。というわけで(?)今日のテーマはちょっと真面目なステロイドの話です。

ステロイドはアトピーの症状・皮膚の炎症を一時的に抑える薬としては代わるものがないと言われていますが、副作用やリバウンドがあるために、絶対に使いたくないという患者さんも多いようです(副作用についてはこちらのサイトにわかりやすくまとめてあります)。
私もできるだけ使わずに済めばいいとは思いますが、ステロイドを使わずに治す(=肌を荒れ放題にし症状が落ち着くのを待つ。何年もかかるかもしれません)のは苦痛が大きすぎるので、うまくつきあっていこうと思っています。

今の病院に通い始めた頃、ステロイドを1日おきくらいで塗っていたのですが、「症状がひどいときは3日とか4日とか続けて塗って、落ち着いたら3〜4日空けるといった塗り方がいい」と教えていただいて、その通りにすると、症状がかなり落ち着いてきました。
このようにちゃんと具体的に教えてもらったのは初めてでした。「ステロイドを使わずにアトピーを治す」を売りにしている病院も多いですが、それよりは使い方をちゃんと教えてくれる病院を選ぶのがいいと私は思います。

もちろん症状に合わせて塗る日数、塗らない日数は変える必要があります。そして、塗らない日数がだんだん長くなるのが理想的です。
今はステロイドをコントロールするために、「ステロイド日記」をつけています。どこに塗った、塗らなかったを書き留めるだけなのですが、何日塗ったとか忘れてしまうので、それを見ながら「4日塗ったし症状も落ち着いてきたし今日は塗らないでおこう」などと判断しています。
今日、病院に行ったときに、こんな感じでステロイド塗ってますという話をすると、「うまく使えてますね。それくらいのペースなら体に蓄積することもないですよ。」と言っていただけました。

ちなみに、「アトピー・ネットワーク・リボーン」というところで「ステロイドの上手な塗り方」という冊子を販売しています。500円です。
私はそこが書いている「あなたにあったアトピー治療」という本を参考にしています。
atopy.jpg
posted by おその at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

AYURA

アトピー治療で漢方を飲み始めてから約1ヶ月半。症状がかなり落ち着いてきて、嬉しい今日このごろです。(^o^)

今日は、そんな私でも使える化粧品について。

私は化粧品はほとんどAYURAの敏感肌ラインを使っています。

ayura.jpg

AYURAと出合ったのは6年くらい前、突然出てきたアトピーに悩まされていた頃です。皮膚科に行くと「化粧はやめた方がいいけど、日焼け止めは塗っておいた方がいいですよ」と言われ、いい日焼け止めを探していたときに見つけたのがAYURAの「センシティブ デイ プロテクト」です。

これ、「敏感肌BOOK」という本に載っていたのですが、敏感肌用でほんのり肌色がつくと書いてあったので、少しでもファンデーション代わりになるかなと思って試してみたのがきっかけです。これが、塗っても全然痛みやかゆみがなかったので、その時のアトピーは1年くらいで落ち着いたのですが、そのまま今も使い続けています。

ちょうどその頃、それまで使っていた洗顔料&メイク落としが廃盤になり、それもAYURAに。さらに、化粧水もAYURAにしてみました。それまで化粧水ってどれを使ってみてもピリピリしてダメだったんですが、AYURAのを使ってみてビックリ! すごくしっとりなじみました。これで普通のお手入れステップになった!ってすごく嬉しかったです。

それからは、容器デザインのかわいさもあって、AYURA一辺倒です。ホントに買うのが楽しくなっちゃうかわいさです♪ ラインナップもすご〜く豊富で、いろんなシーンや目的に合わせて商品を選ぶことができます。ボディ系やアロマ関係も充実してますよ。
posted by おその at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

漢方ラボ フレンチ店

先日映画を見に行った時に少し時間があったので、近くの漢方のフレンチラボというところに寄ってみました。普通のコクミン薬局なのですが、漢方を取りそろえていて、ちゃんとした相談員の方もいるお店です。明るくて入りやすい雰囲気なのがいいです。

私の場合、アトピーの漢方薬は病院で処方してもらっているので、普段飲めるお茶で肌にいいものはないか相談。「寿仙茶(じゅせんちゃ)」というブレンド茶を紹介してもらいました。「寿仙茶」は5種類くらいあって、その中でも肌にいいのは〔肺〕ということです。
入っているのは・・・はとむぎ、ウーロン茶、かきの葉、橘皮、カリン、シソの葉、ハッカ、霊芝・・・。特別なものは入ってないです。
今、どくだみのブレンド茶を飲んでいるので、それでも十分なのかもしれませんが、ま、気分、気分♪ もともとお茶をいろいろ飲むの好きやし、治療も楽しんでやらねばね。

それと、こんな「漢方ごはん」という本も買ってみました。身近な漢方食材を使うレシピを集めた本で、漢方の歴史や漢方Q&A、お茶の種類など、読み物コーナーもあって面白い。写真もきれいです。

kanpougohan.jpg

漢方食材といっても、身近なものだとゴマやにんにく、しょうがなどで、難しいことはなさそうです。それぞれのレシピに「冷えに効く」「肌にいい」などのマークがあって、すごく体にいいことしてる気分になれます。たぶんたまにしか作らないだろうけど・・・。(^^;)
姉妹本で「薬膳ごはん」というのも出ていて、こちらは「肩こり」「冷え性」「虚弱」などの症状別にレシピが並んでいました。
posted by おその at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

生薬って面白い

漢方の煎じ薬が切れたので、また病院に行ってもらってきました。漢方はすぐに効果が出るものではないので、3ヶ月くらい試してみた方がいいそうです。

ここ数日、かゆみと患部の熱感がひどいと伝えると、それを抑える生薬を追加・増量してくれました。「ちょっと苦くなるけどね」と言われました。これまでも結構苦かったのになぁ・・・。

生薬っていろんな種類があるけど、それぞれどんな働きなんだろう?と興味を持って調べてみました。
処方箋を見ると、量が増えたのは「石膏(セッコウ)」「知母(チモ)」、新たに追加してくれたのが「山梔子(サンシシ)」「黄檗(オウバク)」。いろんな生薬の効能が載っているサイトにそれぞれリンクを貼ってみましたが、どれも解熱・消炎作用がある生薬みたいです。なるほど〜。

これとは別に、体内の水の流れをよくするという漢方薬も出してくれました。アトピーの人は肌の表面の水分が不足して乾燥してますが、体内の水の流れも悪いそうです(「水毒」というらしい)。
生薬のティーバッグに入れると種類が増えすぎるということで、これは一般の粉薬タイプでくれました。「五苓散(ゴレイサン)」と言って、これはシナモン風のいいにおいです。良かった。(^^)
posted by おその at 20:32| Comment(3) | TrackBack(1) | カラダからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

漢方薬にトライ!

突然ですが、アトピーなんです。そんなに重症ではないんですが、やっぱり本人的にはツライものはツライ! ずっと落ち着いていたのが7月くらいからぶり返してきて、かゆいし痛いし、そのせいで集中力が落ちたり、夜よく眠れなかったりします。でも、ずっとステロイドとか使い続けるのもなんだなーと思って、漢方を試してみることにしました。

どこの病院に行けばいいんだろう?と思っていたとき、ちょうど『SAVVY』という雑誌で漢方特集をしていて、漢方を扱う病院や薬局を紹介していたのでそれを参考にしました。

病院に行ってみると、雑誌に書いてあった通り、診察は脈拍、舌診(舌をみる)、おなかの触診と体調・症状のヒヤリング。西洋医学と違って、症状だけでなく、体調や体質も考えてトータルに処方するのが漢方の特徴です。

私がもらったのは煎じ薬で、ティーバッグを1日1袋、約600ccの水に入れて40〜50分沸かして、1日2回に分けて飲むもの。はっきり言ってかなりまずいですが、量が少ないのですぐ飲めます。600ccと言っても、40〜50分も煮詰めると半分以下になるからです。(あ、でも子どもさんにはキツイかなぁ?)
他に粉薬もあって、その方が煎じる手間はかからないのですが、煎じ薬だと一人一人オーダーメイドしてもらえるので、より自分に合ったもの・その時々の体調に合ったものを作ってもらえます。
私の場合、処方箋をみると、13種類もの生薬が! これをひとつのティーバッグに入れてくれます。こんな感じ↓。

shouyaku.jpg

実はこの病院に行く前に、漢方薬局に行ったのですが、薬局だと保険がきかないので、めちゃくちゃ高かったんです。1日分600円なので、2週間で8400円。それが、今回病院に行くと2週間で1380円! しかも一緒に出してもらった塗り薬も合わせた値段です。これなら続けられそうです。保険ってすごい!
posted by おその at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。