2005年11月18日

脇役発見の楽しみ♪

WOWOWでコメディUKと題して「THE OFFICE」と「THE SKETCH SHOW」というのをやっていました。残念ながらつい先日終わってしまったのですが、特に「THE SKETCH SHOW」は好きでDVDに録って観ていました。(こちらでムービーが見れますので、チェックしてみてください!)

この2つの番組に出てくる俳優さんが、映画の意外な脇役で出ていたのを発見したので、今日はそれを書きます。
ちょっとマニアックですぜぃ。(^^;)

まず「THE OFFICE」に出ているマッケンジー・クルック(ギャレス・キーナン役)
サイトでもわかるように病的な顔をしています。(^^;)
番組後の配役紹介の中で、「ネバーランド」の劇場のフロントマンをやっていたと紹介されていたのですが、もっと印象的な役を発見しました!
「パイレーツ・オブ・カリビアン」の呪われた海賊の中におバカなコンビがいるのですが、そのうちの1人で、目玉をポロポロ落としていたのがこの人。ふと思いついて映画のパンフレットで確認すると名前が一緒だったので、ちょっと嬉しかった♪
今公開されている「ブラザーズ・グリム」でも奇妙なメイクで出演しています。

もう1人「THE OFFICE」から、マーティン・フリーマン(ティム・カンタベリー役)
この人は脇役でなくて主役として「銀河ヒッチハイク・ガイド」に出ていました。この映画を観に行ったとき、既に「THE OFFICE」を何度も観ていたのですが、気が付かなかった・・・。なんか、「THE OFFICE」の時の方がカッコよく見えます。
さらに、「銀河ヒッチハイク・ガイド」のパンフレットによると、「ラブ・アクチュアリー」でボディダブルの俳優役を演じていたのがこの人だそうです。
(※ボディダブルはラブシーンなんかを代わりに演じる人のことです。)

そして、「THE SKETCH SHOW」に出ているジム・タヴァレ
他の男性出演者がすごく早口なのに比べ、朴訥とした感じが面白い人なんですが、なんと「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」に出ていました。ホントにワンシーンだけなんですけどね。序盤、爆走バスから降りたハリーを迎えにくる背中の曲がった人の役で、パッと見てわかりました。特にクレジットで確認はしてないけど、間違いないハズ。

なんかマニアックすぎてごめんなさい・・・。

<追記>
「THE OFFICE」「THE SKETCH SHOW」ともWOWOWで12月に再放送予定があるようです。
posted by おその at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画&テレビ&シアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。