2005年10月23日

工芸体験2!

「工芸体験1」の記事の続きです。フェルトが終わったら今度は陶芸! ロクロにチャレンジです。講師の方が2人だったので、順番に2人ずつ横についてもらいながら作っていきました。

元になる土は「六反土」というもので、大和川の氾濫で河内湖にたまった粘土だそうです。それを1個分ずつ丸く分けるところまでは準備をしてくださっていたので、それをロクロで成形するところをやらせてもらいます。

まず最初に土をほぐす意味で、ロクロを回しながら土を高くのばしたり低くつぶしたりを何回か行います。これも難しいとのことで、講師の方がやってくださって、その後交代してロクロの前に座ります。よくテレビなんかでへにょへにょっていがんでしまうのを見ているので、ちょっと緊張です。

手の当て方や姿勢を横から教えてもらいながら、土に手を当てていきます。「まず上にのばしてってください」と言われてちょっと力を入れてみるのですが、変形できているのかどうかわかりにくい。でも「いいですよー」と言われて、そのまま続行。
私は力がないからかもしれないのですが、粘土もすごくしっかりしているので、よっぽど力まかせにやらない限り、ぐにぐにっと曲がってしまうことはない感じがしました。
抹茶などを点てる大きめの器を作りたかったので(お茶もしないくせにねぇ(^^;))、器の口のところから幅を広げていきます。ここは形の変化がよくわかって面白かった!

出来上がった形がこれです。これから乾燥、焼きに入るのですが、シロの釉薬をかけて仕上げてもらいます。できあがりがもらえるのは来年1月。どんな風に仕上がるかな。

craftutsuwa.jpg
posted by おその at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 暮らしまわり・手づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなかの出来映えですね♪(*^o^*)
さすがおそのさん、器用ですね。
焼き上がるまで結構時間がかかるもんなんですね!出来上がりが楽しみですねぇ〜♪いつか見せてくださいね(*^o^*)
Posted by モドキー at 2005年10月23日 21:35
>モドキーさん
昨日は一緒に行けなくて残念です・・・!
焼きあがったらまたここかHPにアップしますね。(^^)
Posted by おその at 2005年10月24日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。