2006年07月13日

イタリア 世界遺産の町

昨日から明日までNHKハイビジョンで「世界遺産の旅 イタリア縦断1200キロ」という番組をやっています。(去年の再放送のようです。)別に世界遺産でなくても、こういう紀行番組は大好きな私。この番組は、町の風景をふんだんに取り上げながら、住宅にもおじゃましたりしていて、1日中見ていても飽きそうにない感じです。

昨日は、アマルフィ海岸とローマ、今日はピエンツァ、シエナ、サン・ジミニャーノなどを取り上げていました。どの街並みも見とれてしまうくらい素敵です。ちょうど真夏の暑い太陽が照りつけていて、かなり暑いんでしょうけど、映像で見る分には“陽光きらめく”って言葉がピッタリなくらい、景色が輝いて見えました。

amalfitana.jpgこちらがアマルフィ海岸。私は細い路地が好きなんですが、この町の路地はホントに細くて、人1人がちょうどよいくらいの幅の路地もあるくらいです。階段やトンネル状になった部分も多く、非常に入り組んだ道はホントに迷路のよう。
でもそんな場所に住むにはそれなりの苦労があるようで・・・。紹介されていたのは、ゴミの収集人。当然、車なんか通れないし、階段が多いせいで自転車も無理、ということで、徒歩で大きい袋をかついで階段を上り下りしてゴミ収集してるんです。大変そう・・・。(^^;)
この土地の産物、レモンの果樹園も町の後方の高い場所にあるので、運搬が大変そうでした。でも、お年寄りの買い物を若い人が手伝っていたり、いい面もあるようです。

ところで、今月の16〜23日まで今度はフランス版「世界遺産 フランス縦断の旅」が放映されます。イタリアの方が町自体が遺産に指定されているケースが多いし、たぶん私はイタリアの風景の方が好きなんですが、こちらの番組もすごく楽しみです♪
posted by おその at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おそのさん、お久しぶりです!!

ものすご〜〜〜〜〜く綺麗な写真ですね〜(*´∇`*)
空と海の青に、色鮮やかな家々。なんだかおもちゃ箱をひっくり返したみたいな(←表現、ありきたりですが^^;)、そんな街並み、私も好きです!!イタリアにはハタチの時に(2泊程度だけ…−−;)行った事がありますが、私も好きな国でした!この歳になって、改めて、ちゃんと歴史も見ながら観光したいな〜と思っています。

イタリアは、小説家・江國香織さんの本「冷静と情熱のあいだ(Rosso)」でも舞台になった国なんですが、この中に出てくる”ドゥオモ(ドーム)”がとても素敵です!オススメの一冊ですよ(*^-^*)
Posted by natsu at 2006年07月15日 03:10
natsuさんもこういう風景お好きですか〜。(^o^) ホント美しい街並みばかりで見とれちゃいましたよ・・・。私もイタリアは行ったことあるけど、駆け抜けた感じなので、じっくり回ってみたいです。行きたい都市が多すぎるけど・・・。

「冷静と情熱のあいだ」って2人の作家が書いてたやつですよね? 面白いので読み比べてみたいなと思って、そのままです。(^^;) 今度チャレンジしてみます〜。
Posted by おその at 2006年07月15日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20738943

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。