2006年04月18日

ラウル・デュフィ展

昨日は「ラウル・デュフィ展」に行ってきました。
最近、美術展づいてます。「ラウル・デュフィ展」はどちらでも良かったんですけど、心斎橋大丸という便利な場所でやっていたので学校のついでに見てきました。(会期は昨日まで)

raouldufy.jpg

展示の半分は絵画で、残りの半分はテキスタイルデザインでした。

ラウル・デュフィの絵画は、描写がかなり単純化されていて、子どもでも描けそうに思ってしまう絵もあるんですけど、やっぱり線の流れとかが違うんですよね〜。なんか動きがあるというか躍動感があるというか。
色彩も鮮やかで見ていて楽しいです。

テキスタイルデザインの方は、実際にデザインされた布をマネキンに着せてあったりして、興味深かったです。こちらもデザイン・色彩ともに凝ったものが多く、思わず見とれてしまいました。
posted by おその at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アート・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16733470

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。