2006年01月06日

ステロイドの話

今日は年明け初めての通院でした。というわけで(?)今日のテーマはちょっと真面目なステロイドの話です。

ステロイドはアトピーの症状・皮膚の炎症を一時的に抑える薬としては代わるものがないと言われていますが、副作用やリバウンドがあるために、絶対に使いたくないという患者さんも多いようです(副作用についてはこちらのサイトにわかりやすくまとめてあります)。
私もできるだけ使わずに済めばいいとは思いますが、ステロイドを使わずに治す(=肌を荒れ放題にし症状が落ち着くのを待つ。何年もかかるかもしれません)のは苦痛が大きすぎるので、うまくつきあっていこうと思っています。

今の病院に通い始めた頃、ステロイドを1日おきくらいで塗っていたのですが、「症状がひどいときは3日とか4日とか続けて塗って、落ち着いたら3〜4日空けるといった塗り方がいい」と教えていただいて、その通りにすると、症状がかなり落ち着いてきました。
このようにちゃんと具体的に教えてもらったのは初めてでした。「ステロイドを使わずにアトピーを治す」を売りにしている病院も多いですが、それよりは使い方をちゃんと教えてくれる病院を選ぶのがいいと私は思います。

もちろん症状に合わせて塗る日数、塗らない日数は変える必要があります。そして、塗らない日数がだんだん長くなるのが理想的です。
今はステロイドをコントロールするために、「ステロイド日記」をつけています。どこに塗った、塗らなかったを書き留めるだけなのですが、何日塗ったとか忘れてしまうので、それを見ながら「4日塗ったし症状も落ち着いてきたし今日は塗らないでおこう」などと判断しています。
今日、病院に行ったときに、こんな感じでステロイド塗ってますという話をすると、「うまく使えてますね。それくらいのペースなら体に蓄積することもないですよ。」と言っていただけました。

ちなみに、「アトピー・ネットワーク・リボーン」というところで「ステロイドの上手な塗り方」という冊子を販売しています。500円です。
私はそこが書いている「あなたにあったアトピー治療」という本を参考にしています。
atopy.jpg
posted by おその at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダからだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。