2005年09月30日

イタリアの町の風景

私はテレビで見たい番組がないけど何かつけていたい時、よくBS放送の紀行番組にチャンネルを合わせておきます。先日はイタリアのアッピア街道をたどって、周辺の町々を紹介する番組をやっていました。その空撮をふんだんに使った映像に私は見入ってしまいました。

まず、私の目を引いたのはマテーラという町。石造りの家々が崖っぷちに並んでいる町です。
小高い丘に小さな家がひしめきあい、迷路のように街路が入り組んでいます。階段がそこここにあるようで、段違いでいろんな家のベランダや屋上が並んでいます。どこかの家の屋上で、眼下に広がる風景を眺めてしばらく風にふかれていたい・・・そんな気持ちになりました。そして、街路を気の向くままに好きな方向に歩いてみたいです。
基本的に、建物を見るのが好きだし、狭い路地に古い家がごちゃっと建った風景が大好きなんですよね(昨年行ったスペインのトレドもしかり)。マテーラもじっくり歩いてみたいと思いました。

そして、次に映し出されたのが、アルベロベッロという町。ここは、トゥルリという円錐形のとんがり屋根の独特な家が並んでいます。世界遺産にも指定されており、観光客も多いとのこと。建物好きとしてはぜひ行ってみたいですね。屋根には魔よけのような記号を書いた家もありました。記号の意味をテレビで説明していたと思うのですが、忘れてしまいました。不覚・・・。

※町の画像はここに掲載の画像にリンクさせていただきました・・・高橋賢のHomePage 
posted by おその at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

氷結のCMソング

キリンチューハイ「氷結」のCM見たことありますか?
たくさんOAしてるので見た人は多いと思うけど、私はいつも音楽に注目しています。

2〜3年前(?)、私が大好きなグループParis Matchの「SUMMER BREEZE」や「太陽の接吻」が流れていたのです。
それから音楽は東京スカパラダイスオーケストラになって、もうParis Matchはないねんなぁと思ってたら、今やっているCMで復活。「新曲出たんや。チェックしよー」と思ってたんですが、何回目かでCMの画面を見た時、画面下に「クレモンティーヌ」と書いてあるのが目に止まりました。
「Paris Matchじゃなかったんや!」とすごいビックリしました。
だって、あの柔らかい独特の浮遊感のある歌声もそっくりやし、曲もいかにもParis Matchが書きました!っていう感じの曲なんです!

両方知っている人には「当然」、両方知らない人には「なんのこっちゃ」な話かもしれませんが、片方だけ知っている人は聴いてみてください。
私はクレモンティーヌのアルバム聴いてみようと思ってます。今まで名前だけ知っていてなんとなく聴いてなかったけど、結構好きなタイプかも♪

ちなみに、このCMはこちらで視聴できます。一番上の「ロゼスパークリング」のCMです。
posted by おその at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

ルーブル美術館展

ルーブル美術館展に行ってきました! さすがというべきか、ものすごい人でしたね。
まず入るのにこの行列! チケットを持っている人の列でこれです。
ちなみに、みんなが差しているシルバーの傘は美術館が配布している日傘です。
loubre1.jpg

で、建物の中に入ったら入ったで、チケットを切ってもらうところまで、銀行のATM待ちの列みたいに、ジグザグにロープがはってあるんです。これにはビックリでした。
でも絵はなんとか見られました。人だかりで見えないなんていう状態じゃなくて良かった・・・!

思ったより規模は小さかったけど、いろいろな作品を楽しめました。
新古典主義の写実的で正確な描写(衣服のベルベットとかそういう素材感まで見事に表現されていて手に触れそうなくらいです)や神話の人物の美しさ。
ロマン主義の目を引きつけられるような人物の内面描写。
そしてコローやミレーなどの柔らかな質感のある風景画・風俗画まで。
・・・なんて素人知識で書いてますが、こんなに絵画をじっくり楽しんだのは久しぶりです。

そして、出てきた時にはまだこんなに列が・・・。(^^;)
後30分で入館時間終わりなんですけど・・・。
loubre2.jpg

この美術展のサイトはこちら。いろいろ解説もあって面白いです。
posted by おその at 00:21| Comment(4) | TrackBack(0) | アート・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

魚のお届け♪

おとといのことですが、お店に魚を卸して(?)来ました! 卸し先はバンド関係の友人が経営している小さな一杯飲み屋M酒店で、卸したのは自他共に認める釣りバカのダンナが釣ってきた魚です。

ダンナはよく尾鷲の磯に釣りに行きます。基本的にはグレ釣りなんですが、時にはタイやイサギ、シマアジなんていういい魚も釣って帰ってきます。嬉しいんですけど、うちは2人なんで食べきれないんですよね。それに私は魚をさばけないので、翌日ダンナが早く帰って来れないとダメなんです。

今回は、大漁&ダンナの帰りが遅いということで、M酒店での食材として使ってもらうことになり、2人で行ってまいりました。イキがいい分おいしいので、お客さんウケも良いとのことで、喜んでもらえます。持って行ったのは、グレ4匹、クロガシ1匹、ガシラ2匹、それともう1匹メンドリとかいう魚。

その時、ついでに遅めの晩ご飯をごちそうになってきました。いつ行ってもおいしい♪ でも相変わらずの一期一会料理です・・・(=「あれまた作ってー」と言っても本人がどう作ったか覚えていない)。魚のお礼ということで、まるきりごちそうになってしまいました。私は何にもしていないのに。(^^)
posted by おその at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

ベルリンの至宝展

先日、ライブをする前に神戸市立博物館に行って「ベルリンの至宝展」を見てきました。ちょっとしんどいかなーと思いつつ、ライブ会場から歩いて5分くらいの場所だったので、決行(?)しました。

エジプト美術からギリシャ美術、イスラム美術、ヨーロッパ絵画、と、充実した内容でした。私は古代の出土品みたいなのより絵の方が好きなので、絵が少なかったなーというのはあるんですけど、エジプト美術なども説明が各展示物にちゃんとつけられていたので、歴史を感じることができてなかなか興味深かったです。
説明は「ライオンの頭に人間の体をしており、その持物(“じぶつ”というらしいです)により○○の神と思われる」とか「神の肌色は金色と思われていたため、(仮面の)顔の肌を金色に塗ることでその人物を神格化している」みたいな感じで、展示物そのものの造形よりもその説明の方に「ほぉー」と関心してたかも。(^^;)

もうひとつ興味を惹いたのが、今回の展示物を所有しているという美術館群。ベルリンの中心地に5つの美術館がまとまって建てられており、「博物館島」と言われているらしいです。こんなにまとまって美術館があるところはめずらしいと思うんです。100年かけて5つまで増えたようなのですが、プロジェクトの大きさを思うとすごくいろんなことがあったんだろうなと思いをめぐらせてしまいます。第二次大戦時に建物は破壊され、コレクションも外国に持ち出されたようですが、今2015年に向けて復興工事中だということです。

この美術展のサイトはこちら。ただし、美術展の会期(2005年10月10日まで)後はリンクが切れるかもしれません。
posted by おその at 00:17| Comment(0) | TrackBack(1) | アート・美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

ライブしてきました

★HP更新のお知らせ★

昨日は「うたうらら」メンバーでギター仲間さんのオフ会におじゃまさせてもらって演奏をしてきました。
ライブレポートをアップしてますので、見たってくださいね。

「うたうらら」のオフィシャルブログでびっつさんがレポートしてくれてるのがこちら

私が自分のホームページに書いているのがこちら

似たような内容書いてますけどね。(^^;)
posted by おその at 19:32| Comment(6) | TrackBack(2) | 音楽・音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

バス帰り

今日は友だちとやっているコーラスグループの練習。
その帰りに山崎まさよしの「8月のクリスマス」のパネル展に立ち寄って、そのままバスで帰ってきました。

私の最寄り駅は地下鉄で、通勤でもなんでもすべて地下鉄での移動になってしまうんですが、地下鉄って外の景色が何も見えないし、つまらないんです。
元々私はこの地域の住民でもないので、自分がいつも通っているところの上がどんな景色なのかも知らないし。

先日、やっぱり歌の練習の後、地下鉄が事故で止まってしまってどうしようか迷っているときに、駅員さんが「地上に出てどこどこのバス停からうんぬんかんぬん・・・」と説明しているのが聞こえて、その時に「バスかぁ!」と思って初めて利用してみました。

地下鉄の倍くらい時間はかかるんですが、なんかいいですね。
お店とか家の様子とか眺めたり、「こんなところにこんなものが!」っていう発見をしたり。
家から近いところにバス停があって、楽譜とか重い荷物を持って歩く距離が短くなるもの魅力です。
また時間のある時にはのんびりバス帰りしてみよう♪
posted by おその at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

ターシャの本

先日、ターシャ・テューダーの番組について記事にしましたが、あれからもっとターシャさんのことを知りたいなという気持ちが湧いてきて、本を探してみました。

初めに本屋さんに行って見つけたのはガーデニングのコーナーで『ターシャ・テューダーの世界』という本。でもこの本、すごく大きくて3800円くらいするし、肝心な庭の写真が思ったようなのが少なかったのです。ターシャさん他、映っている人たちも、おそらくターシャさん手作りの服なんでしょうけど、普段着じゃない写真ばかりだったのもピンと来なくて、それは買いませんでした。

で、帰ってからネットで探してみると、あるブログの記事で『ターシャの庭』という本が紹介されていて、なんとなく「これだ!」と思い、それを探しにまた本屋さんへ行きました。この本は美術関係のコーナーにありました。この本はパッキングされていたので中身を見ずに買ったんですが、やはり正解!でした。美しい庭の写真に大満足です。

tashabook1.jpg tashabook2.jpg

それとは別に、もっとターシャさんのライフスタイルや生き方を知りたいと思って『小径の向こうの家』という本も買ってしまいました。これは、ターシャさんの娘さんが書いた本で、ターシャさんの生い立ちから人生をずっとたどっています。写真も豊富。読むのはこれからですが、とても楽しみです。ちなみにこれは絵本のコーナーに置いてありました。本屋でもどこに分類していいかわからないんですかね?
2冊でしめて4800円。ちとイタイですが・・・。(^^;)
posted by おその at 22:28| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

SaRaSaバンド・ライブ

昨日は、「いしっど・そうる」というバンドで一緒に演奏しているドラマー、めるへんK村さんが別のバンドでライブをやるということで聴きに行ってまいりました。今回のライブは、路上で歌っているところをスカウトされ、デビューが内定しているというSaRaSaさんの上京前のお別れライブ。私はSaRaSaさんとは面識がなく、実はK村さんもお初だったみたいなのですが、とても息のあったMCで楽しませてくれました。あ、もちろん演奏もね。(^_^)

sarasa.JPG

バンドのメンバーは今回のライブのための寄せ集めメンバーらしいのですが、すごいプレイヤーさんばかりで(技術でも聴かせるという点でも)、めっちゃ聴きごたえありました! アマチュアなのに、こんなにカッコいいアドリブできる人が揃うなんて! JAMセッションは特に素晴らしかったです。

そして、SaRaSaさん。「どんな人なんか聴いとこー」くらいの軽い気持ちだったんですけど、その温かく表現力豊かな歌声に聴きほれてしまいました。
私も趣味で歌をやってるんですけど、やっぱりちゃんとボイストレーニングしてる人の声ってちゃいますよね。無理しなくてもバンドに負けない通る声が出るから、その分様々な表現が可能になるんだなって。まぁ、私と比べたらいけませんが。
そんな技術的なことだけでなく、SaRaSaさんの、自分はこの歌をみんなに届けたいんだっていう気持ちが伝わってきて本当に良かったです。やっぱりひとつの目標に向かって頑張っている人は素敵ですね。これからも頑張ってほしいなぁと思います。

こちらのサイトで今回のバンドが紹介されてます。音も少し聴けますよ♪
posted by おその at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

山崎まさよしライブ

行ってきました、Augusta Camp!
泉大津フェニックスでの野外ライブは、今にも降りそうな空模様ながらもなんとか持ちこたえ、海風もあり、なかなか過ごしやすい中でのライブになりました。
まさやんは晴れ男らしいですね。

今回は10周年記念ライブということもあってか、3時間半のたっぷりライブ! MCはいつもより少なめだったけど、随所に小ネタがはさんであって、すごく楽しかった! ゲンタさん(ドラム)やキタローさん(ベース)とのコンビネーションも最高!

今回はライブの定番的な曲が多かったです。3ステージ構成で、2ステージ目はドラムなし。以前のライブでもこの編成はあったけど、アコースティックギターと抜けるようなパーカッションの転がる音色がからんで、真っ暗な中浮かびあがるステージに響き渡るとすごく幻想的です。ピアノを弾いた「8月のクリスマス」では泣きそうになってしまいました。3ステージ目は一転、「Fat Mama」など景気のいい曲で開始。「One more time, one more chance」がひずみ系ギターで始まったのがすごく意外でした。んで、最後は豪華ゲスト登場!で最後までたっぷり楽しめました。

途中、歌詞を忘れる場面もあって面白かった。歌い始めたものの「違うな?」という感じで止まること2回。ギターでアドリブを弾きつつ、ステージ脇にじりじりと寄っていって・・・スタッフに歌詞カードを見せてもらってました。自分で書いた歌詞なのにね。(^^;)

さて、再来週は横浜のステージをWOWOW生中継で楽しもーっと。
posted by おその at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・音楽活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

オルネ・ド・フォイユ

たまたま原宿に出張する機会があり、少し時間が空いたので、先日記事にしたアスティエ・ド・ヴィラットの食器を扱っているオルネドフォイユというショップに立ち寄ってきました。(なんてグッドタイミングな出張!)

ornedefeuilles.jpg

アスティエの食器は先行予約に申し込むと約半年待ちみたいなのですが、店頭にはちゃーんと並んでいましたよ。オルネドフォイユのサイトには載っていないタイプのデザインもあって、見入ってしまいました。
手に取ってみると、思ったより薄くて軽くて、ちょっとしたことでサクッと割れてしまいそうな繊細な感じがしました。表面の質感はちょっとホーローを思わせるようなツヤ感があり、色はまさにアスティエ氏が目指したという「光をはね返す白」でした。
手作りならではの形の微妙な違いがあり、それが何とも言えない味になっています。
ロビンソンシリーズは、飾っておいてもいいなと思うくらい素敵でした!
うーん、でもやっぱりお皿系は約6000円、カップや小鉢系は約8000円するので、見ただけで帰ってきてしまいました・・・。
でも、木のナチュラルな感じで統一したお店のインテリア自体もすごく素敵だったので、楽しめました。(^ ^)
posted by おその at 19:16| Comment(4) | TrackBack(0) | お店・ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

アスティエ・ド・ヴィラットの食器

私は『天然生活』という雑誌が好きでずっと買っているのですが、その4月号に載っている白い食器がすごく素敵だなーとずっと気になっていました。
シンプルな美しいラインとアンティークのような風合い。
astier2.JPG  astier1.JPG
これは料理レシピのページなのですが、ページの隅っこに食器のショップと値段が記載してありました。
「スープを入れたカップ8400円」「皿各6090円」。
正直「高っっ」と思いました。自分では買えないなと。
でも、とても印象的な食器として脳裏には焼き付いていたのでした。

すると、同じく『天然生活』の今号10月号で、これを作っている工房が紹介されました。
作っているのはパリ。パリで唯一陶器を手作りしている工房だそうです。
デザインはブノア・アスティエ・ド・ヴィラットさんとその仲間だそうで、メンバーには画家やデザイナーが多いとのこと。だからあんなに美しい食器が生まれたんだなと納得です。
ひとつひとつ手作りされているので高いのも当然ですね。
アーティストのこだわりが生んだ食器。成り立ちを知って、より憧れが増しました。

こちらのオルネドフォイユというショップで購入できるみたいです。

<追記>
オルネドフォイユに行ってきました! → こちら
posted by おその at 22:35| Comment(5) | TrackBack(3) | 暮らしまわり・手づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

ターシャ・テューダーの世界

昨日、NHKハイビジョンでやっていた番組で、ターシャ・テューダーという絵本作家&ガーデナーの世界を紹介していました。
このお庭がすごく素敵だったんです!
ほとんど森の中といっていいようなところに家があり、庭も森にとけ込んでいるような感じなのですが、春になると花が咲き乱れて、すごく色鮮やかなんです。
花がきちんと整列されてなくて、自然な感じなのがこの庭の魅力的なところ。
ハイビジョン映像なので、なおさら色鮮やかで、自然の美しさを改めて感じさせてくれました。
こんな感じです。

tasha01.jpg

でも、ターシャさんは、土づくりなどからちゃんとわかっておられる方なので、こんなに素敵なお庭を作れるんですね。
私みたいな素人がちょっと憧れて挑戦したくらいじゃできないんやろうなぁー。
こんな環境でマイペースで絵本を作っているなんて、最高に幸せだろうなと思うと同時に、ターシャさんは穏やかに見えて、実は頑固なくらいにまっすぐに自分のライフスタイルを築いてきた強い人なんだろうなと思いました。

ターシャさんは、私が大好きなコーギー犬を飼ってるんですが、ターシャさんのコーギーはめちゃくちゃ太っていて、首まわりが三段腹のようになってました。(^^;)
コーギーは足が短いので、おなかも地面につかんばかり。
ゆっさゆっさ歩く姿が爆笑もののカワイサでした♪

番組は途中から見たので、再放送があればぜひ見たい! 録画したい!
posted by おその at 22:16| Comment(8) | TrackBack(2) | 映画&テレビ&シアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ紹介

「おその’s めでたいもの日記」にきていただいてありがとうございます!
私は関西在住、映画好きで音楽活動(バンド&アカペラ&コーラス)に忙しい30代です。(^_^)v
ホームページ「Sunny Side Cafe」も持っていますが、このブログではちょっと気になったことや好きなもの、調べたことのメモなどをぼちぼち書いています。
カテゴリは自分の好きなものをいっぱい集めてみたらこんな感じになりました。

<カテゴリ紹介>

●音楽・音楽活動・・・ホームページにMUSICコーナーを持っていて、そこで自分のライブ活動や素人レコーディングしたものを発表しています。
このブログでは聴きに行ったライブのことや気になる音楽情報、ライブ以外の音楽活動日記等について書いています。

●映画&テレビ&シアター・・・ホームページにCINEMAコーナーを持っていて、観た映画の感想はそこに書いています。
ブログでは、映画のこぼれ話や面白かったテレビ番組、観に行った舞台について書いています。

●世界あれこれ・・・テレビで観たり、人に聞いたりして面白いなと思った世界のモノ・コト・風景などについて書いています。
ホームページのTRAVELコーナーには、自分の旅行記を載せていますので、そちらもご覧ください。

●アート・美術・・・美術館情報や絵画などについて。

●本・・・気になった本、面白かった本について。

●お店・・・食べ物、雑貨、ファッション等々、なんでもお気に入りの店について。

●暮らしまわり・手づくり・・・食器や食事、雑貨づくりなどについて。
ホームページのCRAFTコーナーには、少ないですが自分で作った雑貨を載せています。

●カラダからだ・・・健康や美容について。今は主にアトピーについて書いています。

●日記・・・特にカテゴリ分けできない日々の出来事。
posted by おその at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。